スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

「ゆっくりと急ぐ」という考え方

medium_4870052004

photo credit: Pörrö via photo pin cc

急いでばかりのあなた (自分) へ

ゆっくりとしたいけど、やることはたくさんあるし。。

という状況の時、私は

「ゆっくりと急ぐ」

ということを意識して行動するようにしています。

 

なぜこのようなことを意識するのか。

それには、やることに追われて常に「急いで」ばかりいた過去の経験から学んだことが生かされています。

 

急ぐと体と頭のバランスを失う

私は、一日のはじめに、今日やることを一つ一つ書きだしていきます。

基本的には、そのリストをもとにして仕事をするようにします。

しかし、時にはそのリストが一日分の容量をオーバーしそうなときもあります。

すなわち、「今日やらなきゃいけないことが、今日中に終わらない」という可能性を、一日のはじめに思い知らされるのです。

そうなると、どうしても人間は「できる限りのところまで終わらせよう」と考え、「急ぐこと」に集中します。

ここで重要なマイナスポイント。

それは、「やること」ではなく「急ぐこと」に集中してしまうことです

 

急ぐことに集中するとどうなるか。

  1. 急いでいるつもりでも、仕事がなかなか進まない、
  2. 進まないから、早く片付きそうな仕事に移る、
  3. でもさっきの仕事が気になりながらのストレスが残る、
  4. 全体としてパフォーマンスが落ちる。

 

どうしてこのようなことが起こるのでしょうか。

それは、「頭と体のスピードのバランス」 が崩れるからではないかと思います。

体は急ごうと思えばある程度なら動きに無理が効きます。

だけど、頭の方は急ごうと思えば思うほど、「急ぐこと」に集中してしまうため、余裕がなくなってきます。

 

それは、あまり急ぎすぎると、頭のほうがさきに余裕をなくすことを意味しています。

 

そして、頭が余裕をなくすと、体が無意識に動き出します。

このときの無意識の動きは、無駄な動きである事が多いです。無意識の体の動きは、精神的に弱い部分に流れやすいのだと思います。

例えば、忙しい時に限って机の上の片付けをはじめてしまったり、ネットサーフィンに没頭してしまったりといった、単なる時間つぶし、時間の無駄遣いに流れてしまいます。

 

体と頭のバランスを取って日々のタスクをこなす方法

解決方法は2つあります。

一つは、無意識でも体が正しく動くように、行動を完全に習慣化することです。習慣というのは、本人がとくに意識せずとも体主導でこなせるようになるまでになったルーチンワークのことを言います。

習慣化した行動をしている間は、実質的に頭のリソースはほぼ100%空きの状態なのです。

しかし、日々の仕事はむしろルーチン化することが難しいものがほとんどですので、この方法による問題解決は限定的です。

 

そこで、もう一つの解決法。それは、頭のリソースがいつも余裕を持っていられるようにゆっくり動く、そして体を効率的に動かす、ことです。

このことを「ゆっくりと急ぐ」と言っています。

言い換えれば、体の動きが先走りすぎないように、うまくスピードをコントロールするということです。

先ほど述べたように、単純な仕事の場合は、体がいくらスピードを出しても、頭は余裕を持って動くことができます。しかし、ちょっと複雑な仕事になると、同じように体を動かしていると、頭は余裕をなくしてしまいます。

 

これはちょうど、カーレースなどで、長い直線はアクセル全開で思いっきり飛ばしても大丈夫な反面、カーブに差し掛かったら適切な速度までブレーキングをして、(頭を使って)コーナリングをするのに似ています。もし、直線のような勢いでカーブに突っ込んだ場合は、確実にコースアウト(仕事の場合は現実逃避)してしまいます。

 

そのために心がけるべきは、頭と体のスピードのバランスに常に気を付けるということです。

スポンサーサイト

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

ポモドーロ・テクニックとは? 自らの集中力を引き出して、生産性を上げる!

pomodoro-timer11

最近集中できていますか?

何か他のことをしながら作業をしていませんか?

 

人間の脳は、もともとマルチタスキングには向いていないといいます。

もし、あなたが同時に複数のことをやろうとしていたとすると、

ちゃんと作業をしていたつもりでも、振り返ってみたらほとんど何も進んでいない、ということがよくあるのではないでしょうか。

 

タスクをきちんと完了させたいなら

もし、タスクをきちんと完了させたいなら、そのための時間を確保して、その時間内はそのタスクに集中すべきです。

しかし、このように言葉で言うのは簡単ですが、実際に実行しようとするとそう簡単にはできないのが悩ましいところです。

また、難しいタスクを抱えているときや、不慣れな作業をしているときなどは、あなたは脳をフル回転させながら作業をする必要があるでしょう。

このような状況を打開するために有効なテクニックがポモドーロ・テクニックです。

 

ポモドーロ・テクニックとは

ポモドーロとは、イタリアのトマトの名前で、元々はキッチンタイマーの形がトマトだったことに由来します。

このタイマーは、時間をセットすると、その時間になるとアラームなどで知らせてくれる機能を持っています。

この魔法のトマト、ポモドーロこそが、あなたの集中力を引き出す強力なツールとなるのです。

 

 

ポモドーロ・テクニックの方法

方法はとてもシンプル

  1. 25分間で達成できそうな目標を決める
  2. タイマーを25分に設定する
  3. 25分間なにがなんでも決めた目標に向かってシングルタスクで集中する
  4. 25分経過したら5分間休む

 

以上のプロセス1回で1ポモドーロと言ったりします。

 

勉強するときのおすすめポモドーロスケジューリング

人間の集中力は2時間を1周期として動いているといいます。

また、人間の記憶は周期を区切った場合、その最初の方と最後の方に勉強した内容をより強く記憶するという調査結果もあります。

したがって、勉強する場合、例えば以下のようにポモドーロのスケジュールを設定するとよいでしょう。

  1. 25分勉強+5分休憩
  2. 25分勉強+5分休憩
  3. 25分勉強+5分休憩
  4. 25分勉強+15分休憩

 

4ポモドーロ目の休憩が15分になっています。

これは、セットブレークと言い、一旦身の回りと、頭の中をリセットするためにあえて15~30分程度の長めの休憩を取ります。

この間に、ひとまず机を片づけたり、ちょっと散歩したりして、あなたの内側と外側を0リセットしましょう。

気をつけないといけないのが、25分間は絶対に集中すること。

 

超重要な超急用でもない限り、その割り込みタスクは、一応メモだけしておいて、後回しにしましょう。

そして、1ポモドーロ終わった時点で、他のタスクとの優先度をみて、

必要に応じて次の1ポモドーロで、そのタスクを実行するようにしましょう。

 

ポモドーロの助けになるもの

あなたが、このポモドーロ・テクニックをはじめるためには、

基本的にタイマーさえあればOKです。

ちなみに私のお気に入りのタイマーはこれです。

サイズも小さすぎず大きすぎずで、ボタンも押しやすく使いやすいです。

また、アラーム音だけではなく振動で知らせてくれるように設定することもできるので、

オフィスなど音が気になる場合でも、タイマーを使うことができます。

 

 

ポモドーロ・テクニックをもっと知りたいという方は、以下の書籍が参考になります。

 

 

 

ポモドーロ・テクニックの参考になる記事

 

  ポモドーロについて - 西尾泰和のはてなダイアリー
まず「25分で1ポモドーロだから8時間だと16ポモドーロか」とか言ってる人はそれが「人間は100メートルを10秒で走れるから、42キロを4200秒で走れるはずだ」と言うくらいおかしいということを理解し ...
ポモドーロテクニックの考え方や、実践的な手法を解説されています。

 

  ポモドーロの猿になるのだ - hate.hate.hateda
大事なことだから何度でも書くけど、機械的にタイマーに従ってひたすら1つのタスクに集中する。それを繰り返す。タイマーがスタートしたら自動的にタスクに集中できるようになるまで成長したら、あなたは立派なポモ ...
ポモドーロテクニックにたいするモチベーションを上げてくれる記事。

  The Pomodoro Technique®
The Pomodoro Technique® is a way to get the most out of time management. Turn time into a valuable a ...
ポモドーロテクニックの英語ページ。英語だが、基本的な情報は網羅されており、実践に必要なテンプレート類も充実しています。

 

 

最後に

ポモドーロ・テクニックどうでしょうか?

今すぐにでも実践できそうと感じたあなたは、いますぐにでも25分のタイマーをスタートさせるべきです。

もし、この記事を読んだ方の集中力の手助けになれば幸いです。

 

関連記事

今日という日をより生産的に過ごすための3つの原則 : My Scratch Pad
そこで、生産性を高める方法を3つの原則にまとめて、 誰でも、今日から、より効率的に活動できるための方法を以下に説明します。 ...

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

リーダーの使命と人材育成の要諦

リーダーの使命と人材育成の要諦は、以下のようなことなのだと思う。

リーダーの使命

    • 仕事における使命、目的と責任を明確化する。
    • 賞罰をはっきりおこなう。
    • 上司が知り得る限りの情報を与える。
    • 大幅に権限を委譲する。
    • 5報告を義務づける

     

    人材育成の要諦

    • ”その仕事の意義”
    • 「誰のために、何の為に行うのか。
    • これができたら、またできなかったら、どんなことが起こるのか」
    • 行動の理由の明確化
    • "動機付け"

     ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

    [読書]「自助論―人生の師・人生の友・人生の書」を読む

    自助論―人生の師・人生の友・人生の書

    目次

    1章 自助の精神―人生は“自分の手”でしか開けない!
    2章 忍耐―努力が苦でなくなる法
    3章 好機は二度ない―人生の転機を生かす力
    4章 仕事―向上意欲の前にカベはない!
    5章 意志と活力―自分の使命に燃えて生きる!
    6章 時間の知恵―「実務能力」のない人に成功はない
    7章 金の知恵―楽をするためには汗をかけ!
    8章 自己修養―頭脳と心・体の効率のよい鍛えかた
    9章 すばらしい出会い―人生の師・人生の友・人生の書
    10章 信頼される人―人格は一生通用する最高の宝だ!

    自助論メモ

    • スマイルズ
    • 時間とは
      • 時間とは消滅するものなり。かくしてその罪は我らにあり
      • 秩序立てで仕事できない人間は才能の4分の3を浪費している
    • 人間の器量
      • 両親の人格は、行動を通じて子どもの人格に反映する
      • 真の雄弁は無言の実践の中にある
      • 人格教育の成否は、誰を模範にするかによって決まる
      • 快活さは人間の精神に弾力性を与える
      • 行動でも思考でも反復こそが力である
    • 意思と活力
      • 不可能という文字は、愚者の辞書に見ゆるのみ
      • 最短の近道はたいていの場合、1番悪い道だ。だから最善の道を通りたければ、多少なりとも回り道をしなくてはならない
      • 研究中、一見克服できそうにない障害に突き当たったとしたら、それは何かを発見する寸前のところまで到達している証だ
      • もしも、は無能のつぶやきにすぎない

     ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

    [読書]「NLPハンドブック―神経言語プログラミングの基本と応用」を読む

    NLPハンドブック―神経言語プログラミングの基本と応用を読む。

    目次

    第1部 NLPモデル(NLPのマジックとは―マジックには構造がある
    モデルとしてのNLP―その設計、用語、構成要素)
    第2部 NLPのパターン(基本パターン―他のパターンを作動させるためのパターン
    パート―全体の一部を成すパート
    アイデンティティ―「自己」を創作し改革する ほか)
    第3部 パターンの適用(パターン思考―方法とスキルとしてのパターン思考
    いつ何をすべきか
    分野別活用術―ビジネス、教育、セラピー、スポーツ、健康、人間関係などでNLPのパターンを活用するときのヒント)

     

    NLPとは

    NLPとは何か。Wikipediaによると、

    神経言語プログラミング(しんけいげんごプログラミング, 神経言語学的プログラミングとも, Neuro-Linguistic Programming: NLP)とは、 ジョン・グリンダー(言語学者)とリチャード・バンドラーによって始められたコミュニケーション技法自己啓発技法・心理療法技法を中心とした体系である。 2人が出会ったのは、アメリカのカリフォルニア大学サンタクルーズ校で、グリンダーは教員、バンドラーは心理学(数学と書かれることもある)の学生であった。

    NLPは、「3人の天才的セラピスト」である催眠療法ミルトン・エリクソンゲシュタルト療法フリッツ・パールズ家族療法バージニア・サティアが 意識的・無意識的に用いていたテクニックを体系化したもの。

    とある。

    以下、メモ。

    メンタルリテラシー開発

    • 芸術の科学を学べ
    • 科学の芸術を学べ
    • 感覚を発達させよ
      • 特に見る力を学べ
    • すべてはすべてにつながると認識せよ

     ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

    NEXT≫
    自己紹介
    知的生産における効率と非効率のスキマにあるたのしさを発信していきます。 日常を便利にするコツや、役立つ情報、ライフハックを中心に。 Evernote、 Toodledo、 Mendeley、 Google、 などのツールとどう付き合っていくかなど、その時の考え、興味の中心を書いていくブログです。
  • Twitter : @ichi_tas
  • Email : mspktr0@gmail.com
  • 最近の記事
    人気の記事
    Archived articles
    Categories
    タグ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。