スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

消費は快楽をもたらし、生産は価値をもたらす

Photoxpress_2375317 

図面だけではない、論理と計算だけでもない要素が、実際にモノを作るときには関わってくる。事を知る。事の大切さ。

 

インプットの時に常に質問を考えるように心がける

 

小学校、中学校、高等学校は「校」=スクールだが、大学、大学院はスクールではない。

学校は教える側主体の組織形態だが、大学は学ぶ側主体の組織である。

大学は専門学校ではないし、ましてや職業訓練学校でもない。

したがって、即実践で使えるような教育というのは大学の本質から外れている。

企業として即戦力を欲するのは単に放置という名のOJTを正当化するための大義名分でしかない。

大学の教育というものはもっと学問としてベーシックな部分を身につける場であって欲しい

 

研究に対するあこがれを体現しているものが大学の教員であるべき。

憧れとは、授業で学生にサービスをすることでもなければ、予算獲得のために書類を書くことでもない。

研究者、学者として、自分が知りたいもの、解決したいもの、作り上げたいものに対して向き合っている視線に魅力を感じさせるべき

 

最も効果的な地球環境問題の解決法は人間を減らすこと。

地球に優しく、地球を守ろうとは言うが、結局のところ本当に守りたいものは自信=人間であって地球は別に人間がどれだけ環境を破壊しようが、人類が滅亡したあともそのまま残り続けるだろう。

やはり、最愛のものは人類であり、人類の繁栄を最優先に考えるがゆえの文句なのであろう。

 

みんなに欠けている視点はなにか、問題の焦点はどこにあるのかという観点での発言をする。

 

研究者の条件

1知的好奇心

2野心

3執着心

4楽天的

5コミュニケーション

 

参考:

大学の話をしましょうか―最高学府のデバイスとポテンシャル (中公新書ラクレ)

スポンサーサイト

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

ブログを書き始める5つのモチベーション その4

Orion_aveugle_cherchant_le_soleil

「巨人の肩の上に立つ」(Standing on the shoulders of giants

 

12世紀フランスの学者シャルトルのベルナールの言葉です。

アイザック・ニュートンもこの言葉を好んで引用していました。

 

先人の積み重ねてきた知識と技術の上で、

私たちは知的活動を行っているということを意味しています。

 

今回のテーマは「知らなかったことを知る」 。

先人たちの積み重ねの根源にあるものも、

「知りたい」という知的好奇心であると思います。

 

それをただの好奇心に終わらせず、

知識、思想、技術、芸術

などの形で残してくれたものがあるからこそ、

現代の高度に発達した文明があるという考えができます。

 

知識はらせん階段のように、知れば知るほど「知らないこと」が増えていきます。

それは人生などのように短いスパンではなく、

人類が始まって以降累々とその精神に刻み込まれていくものです。

そして人生とは、そのらせんの踊り場に堆積する一片の落ち葉のように、

ある一つの知の区切りにしか過ぎないのかも知れません。

 

ただ、

「知らなかったことを知る」ということが、すべての出発点であるということと、

その機会はすべての人に平等に与えられているということは間違いないはずです。

 

 

「知らなかったことを知る」ということで、日々の

?

に改めて向き合うことができます。

 

また、日々の

と感じる事の出来た理由や背景を見つめ、

!!

に到達するための具体的な行動をとることで、

それを知識として結晶化することができます。

 

そして巨人の方を徹底的に借りて、

その中にどのような意味が、知恵が、込められているのかを知り、

血肉化していくことができます。

学問は、その結晶化したもの、血肉化したものから如何に創造・発展できるか、

今までにない切り口で物事を見る」事が出来るかにかかっています。

 

だから、「知らなかったことを知る」をモチベーションの一つにして、

知ることそのものや、知ったことについて書いていければいいと思っています。

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

自己紹介
知的生産における効率と非効率のスキマにあるたのしさを発信していきます。 日常を便利にするコツや、役立つ情報、ライフハックを中心に。 Evernote、 Toodledo、 Mendeley、 Google、 などのツールとどう付き合っていくかなど、その時の考え、興味の中心を書いていくブログです。
  • Twitter : @ichi_tas
  • Email : mspktr0@gmail.com
  • 最近の記事
    人気の記事
    Archived articles
    Categories
    タグ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。