スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

[読書]絵でみる石油ビジネスのしくみ (絵でみるシリーズ)

ケロジェン根源説

  1. 生物堆積
  2. ケロジェン生成
  3. ガス、水、油に分離
  4. 岩からしみだす
  5. 上から、岩→ガス→油→水→岩=石油貯留層形成

 

石油の残りは琵琶湖15配分

楽観的な推定で、琵琶湖15配分の石油がまだ残っている。

ちなみにこれまで人類が使った石油量は琵琶湖5杯分。

 

代替エネルギー

現在、全世界で使用している原油の2%を代替するために必要な、代替エネルギー源。

 

風力だと、

3300kWクラス、1km^2当たり1基設置可能

=日本の国土面積の66%ほどの広さが必要

 

太陽電池だと、

6600km^2

=宮崎県位の広さが必要

 

絵でみる石油ビジネスのしくみ (絵でみるシリーズ)
絵でみる石油ビジネスのしくみ (絵でみるシリーズ)

 

目次

第1章 そもそも石油って何だ?
第2章 原油を生産している国―産油国ってどんな国?
第3章 巨大資本―石油メジャーとは何だ?
第4章 各国はどんな石油戦略を考えているのか?
第5章 原油はどうやって取引されるのか?
第6章 世界はどのように原油を消費しているのか?
第7章 日本の石油業界はどうなっているのか?
第8章 トレーダー、商社の役割は何か?
第9章 国内石油化学コンビナートとは何か?
第10章 日本の産業、消費者と原油との関係は?
第11章 これからのエネルギーとは?

スポンサーサイト

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

石垣島宣言に見るサステナビリティ

2007年に材料科学者にとって、社会が持続可能な発展を続けるために重要なポイントを、この石垣島宣言 (2007.11.01 ISSEM2007) は指摘している。

材料はこれまで人類社会の発展に貢献してきました。しかし、その一方で大量生産・消費・廃棄を通じて環境負荷を増やしてきたことも指摘されています。
現在、人類活動の更なる発展を求めて材料への要求が一層高まってきています。そのために、材料に係わる資源リスクも急速に増大しようとしています。
そこで、材料を持続可能な社会の構築に役立てることを目指す私たちは、資源利用に関する以下の3原則の重要性を再確認します。

 

資源利用の3つの原則

  1. 資源を枯渇させない
  2. 環境リスクを増やさない
  3. 地域的世代的公正に配慮する

 

環境経済学者ハーマン・デイリーの持続可能な発展のための3原則で述べてあることを、根本的な立場から言及してあるのが、この資源利用の3つの原則である。現在、科学の最先端で扱われている材料は、総じて付加価値の高い材料であり、希少価値の高い物質である。(プリミティブな材料を駆使して、最先端の特性を再現しようとする研究も当然ながら行われているが)その中で、資源の枯渇という問題に常に直面しているのが、材料科学という分野だ。地球規模でみても、地球自体が持つ資源量が絶対的に少ないものであったり、存在はしているが、経済として採掘が成り立ちうる量がごくわずかであったり、採掘可能な地域が紛争地帯などの社会的に不安定な地域に偏在していたりと、資源の不足といっても様々な要因がある。したがって、「資源を枯渇させない」とひとことで言っても、そこには様々な角度からのアプローチが必要であるということを示唆している。

そして、あらためて材料科学という立場からどのようなアプローチをすべきかを以下で宣言している。

また私たちは、材料を利用し使用する全ての人々に、この原則に則った以下の4つの実践を呼びかけ、私たち自身も、これらを具現化する材料技術を開発していく決意を表明します。

 

資源利用の4つの実践

  1. 使わずにすむものは使わない(Reduce)
  2. 丁寧に使う(Reuse)
  3. 何度も使う(Recycle)
  4. ありふれたものを使う(Replace)

 

今でこそよくつかわれるフレーズであるが、材料技術の大きなベクトルがこの1~4までの集合から成り立つべきということを述べている。

材料を扱う立場からすれば、まだまださきの技術で、今はまだチャンピオンデータさえ目指せばよいと考えるのではなく、材料を扱う立場だからこそ、その希少性を世に訴え、自らの技術を通して自らのフィールドを拡大させる努力が必要なのではないかと思う。

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

サステナビリティの原則

Photoxpress_19063879

  1. 「再生可能な資源」の利用は再生速度を超えないこと
  2. 「再生不可能な資源」の利用は再生可能な資源で代用できる程度を超えないこと
  3. 「汚染物質」の排出は環境が循環、吸収、無害化できる速度を超えないこと

環境経済学者ハーマン・デイリーが定義する持続可能な発展のための3原則より

 

1.の「再生可能な資源」とは、

1.の「再生可能な資源」とは、水、植物、水産資源などのことをさしている。

たとえば、魚をとるときは、魚の数がへっていかないようにきをつけてとりましょう、ということ。

 

2.の「再生不可能な資源」とは、

2.の「再生不可能な資源」とは、石油、鉱物などのこと。

これは、もし石油がなくなっても、そのほかの資源で間に合わせられるようにしておきましょう、ということ。

 

3.の「汚染物質」とは、

3.の「汚染物質」とは、工場からの排ガスや、家庭から出る排水のこと。

たとえば、家から流す排水のよごれは、川や海がちゃんときれいにしてくれるのかを考えましょう、ということ。

 

身のまわりの環境、そして地球環境をまもるための、大原則でありキーワードは”持続可能性(サスティナビリティ)”。

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

自己紹介
知的生産における効率と非効率のスキマにあるたのしさを発信していきます。 日常を便利にするコツや、役立つ情報、ライフハックを中心に。 Evernote、 Toodledo、 Mendeley、 Google、 などのツールとどう付き合っていくかなど、その時の考え、興味の中心を書いていくブログです。
  • Twitter : @ichi_tas
  • Email : mspktr0@gmail.com
  • 最近の記事
    人気の記事
    Archived articles
    Categories
    タグ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。