スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

Toodledoのタスクをリンクから直接開く方法

Toodledoを他のアプリと連携させて使いたい

ということで、ToodledoにはタスクごとにURLを取得できるので、この機能を使います。

このURLを使うことで例えば以下の様な活用方法が考えられます。

  • Evernoteにタスクリストを作成しておいて、その中に作成したリンクから直接Toodledoタスクへ飛んでチェックする
  • ToodledoのURLを貼りつけたメールを自分宛に送って、リマインダ代わりにする
  • 関連する他のタスクのノート欄に、URLを貼り付けておいて、タスクからタスクを呼び出す

それでは、以下に簡単ですがToodledoのタスクURL取得の方法を説明します。

ToodledoタスクURLの取得方法

まず、Toodledoのページを開いて、タスクの一覧を表示させます。

タスクの横に矢印のアイコンがあるので、これをクリックします。

Toodledo  Your To Do List 2



以下の様なメニューが出てくるので、「Permanent Link」を選択します。

Toodledo  Your To Do List 3 1



すると、選択したタスク固有のURLページに移動します。

この時のURLが、ToodledoタスクURLです。

これをコピーします。

Toodledo  Your To Do List 4



今回は例えば、EvernoteのノートにこのURLを貼り付けてみます。

この貼り付けられたURLをクリックすると、、、 Menubar 1

 



ブラウザが起動して、先ほど選択したタスクが一発で表示できました。 Toodledo  Your To Do List 5

最後に

この方法を使うことで、Toodledoのタスクをよりオープンに活用することが可能です。

例えば、Evernoteには、ノートごとの固有URLが取得できるので、これをToodledoのタスク固有のURLと同時に使用することで以下のようなEvernoteとToodledoのシームレスな連携が可能となり、より柔軟なタスク管理ができると思います。



Evernotetotoodledo





EvernoteとToodledoを連携させてタスク管理を行う点については以下の記事も参照してみてください。

ToodledoとEvernoteを連携させて日々のタスク管理を行う方法 : My Scratch Pad
Toodledoというオンラインのタスク管理ツールがあります。 タスクの繰り返しや、タスクのフィルタ、ソート機能などに優れているツールなので、日々のタスク管理に使っています。 その中で、日次、週次、 ...

スポンサーサイト

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

ToodledoとEvernoteを連携させて日々のタスク管理を行う方法

Toodledoというオンラインのタスク管理ツールがあります。

toodledo

タスクの繰り返しや、タスクのフィルタ、ソート機能などに優れているツールなので、日々のタスク管理に使っています。

その中で、日次、週次、年次で行いたいタスク群をチェック項目としてToodledoに登録して使用しています。

 

 

一方でEvernoteというオンラインツールがあります。

evernote

テキストデータや画像データなど、様々な情報を一元的に管理できるので、日々の情報管理に使っています。

その中で、私は、日次、週次、年次にやるべきことのルーチンワーク的なものをリストアップして、チェックリストを作成して、必要なときに見返して漏れがないかどうか確認しています。

 

そこで、この定期的に行いたいルーチンワーク的なチェックリストの管理方法としてToodledoEvernoteをもっとシームレスに連携できないかと考えました。

 

ToodledoEvernoteをもっとシームレスに連携

evernote to toodledo

 

そこで、現在行なっているルーチンチェックリスト運用方法は、このような方法です。

 

そのためにまずは、いくつか環境を整える必要があります。

Evernoteのノートリンクを使って、Toodledoから直接目的のEvernoteノートを表示させる

 

具体的には以下の様な方法で設定します。

 

evernote_note link

 

リンクを設定したいノートを選択し、右クリック

「ノートリンクをコピー」を選択

 

toodledo link

 

Toodledo側で、タスク項目の左側にあるノートアイコンをクリックすると、そのタスクに備考を記入することができます。

そこに先ほどコピーしたEvernoteのノートリンクをペーストします。

すると、自動的にそのリンクのURLがリンクとして表示されるようになります。

 

以上で設定は完了です。

 

試しに、Toodledo側でリンクをクリックしてみると、ひもづけられたEvernoteのノートが表示されます。

 

ではどのように運用していくか

evernote to toodledo

①Toodledoで日々のタスクを確認

Toodledoはあくまでもやることのリストを確認する目的に使います

リストにルーチンワークがある場合は、そのタスクに設定されたリンクから、Evernoteへ飛ぶことができます

※ここが非常に需要な点で、ワンステップで必要な情報を引っ張ってくることができます。

※習慣化するためには、それを行うためのハードルを可能な限り下げてやることが重要なので

 

②Evernoteでタスクの詳細を確認

Evernoteのリンクには、具体的に何をどのようにすれば良いのかがまとめられています。

この記述が詳細に書いてあるほど「次に何をするんだっけ」ということに惑わされること無くスムーズにルーチンをこなすことができます

 

③上から順にタスクを実行

あとは、手を動かすだけという段階まで、具体的にタスクを落としこんでいれば、何も考えずに上からタスクを実行していくだけで、もれなくタスクを完了させていくことができます。

 

④Toodeldoのチェックボックスをチェック

タスクを終わらせたら、ちゃんとToodledoのタスクにチェックをします。

 

まとめ

今回は、現在使用しているタスク管理ツールをEvernoteと連携させて、ルーチンワークを

効率化することについて考えてみました。

ToodledoからワンクリックでEvernoteに遷移できる使用感は、とても快適で、Evenroteのノートリンク機能の柔軟性と有用性を感じました。ノートリンクには非常に可能性を感じているので、アイデア次第ではもっと他に色々と有効な活用方法が見つかりそうなきがします。

 

関連記事

日次、週次、年次のルーチンってどういうことをすれば良いの?という方は

【テンプレート】毎年、毎週、毎日やるべきことをまとめたチェックリスト - My Scratch Pad
自分の意思のみで習慣化することは難しい。 だからこそ、その習慣をチェックリストにする。 ...

 

Toodledoをもっと使いこなしたい!という方は

思いついてから3秒でToodledoに直接タスクを追加する方法 - My Scratch Pad
いかに、タスクのインプットを素早く簡単に行うか。 目標は思いついてから3秒。 ...

 

これからEvernoteをもっと活用していきたい!という方は

Evernoteを使いこなすようになるまでの10のステップ - My Scratch Pad
確かに、自分自身のEvernoteの使い方も最初のころとはずいぶんと変わってきています。 はたして私のこれまでの道のりが使い方の進化と呼ぶにふさわしいものかどうかはわかりません。   ただ、もしかしたら同じようなパターンで。Evernoteの使い方が変わっていっている人もいるかもしれないなあ、と思い始めました。 ...

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

自己紹介
知的生産における効率と非効率のスキマにあるたのしさを発信していきます。 日常を便利にするコツや、役立つ情報、ライフハックを中心に。 Evernote、 Toodledo、 Mendeley、 Google、 などのツールとどう付き合っていくかなど、その時の考え、興味の中心を書いていくブログです。
  • Twitter : @ichi_tas
  • Email : mspktr0@gmail.com
  • 最近の記事
    人気の記事
    Archived articles
    Categories
    タグ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。