スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

「ゆっくりと急ぐ」という考え方

medium_4870052004

photo credit: Pörrö via photo pin cc

急いでばかりのあなた (自分) へ

ゆっくりとしたいけど、やることはたくさんあるし。。

という状況の時、私は

「ゆっくりと急ぐ」

ということを意識して行動するようにしています。

 

なぜこのようなことを意識するのか。

それには、やることに追われて常に「急いで」ばかりいた過去の経験から学んだことが生かされています。

 

急ぐと体と頭のバランスを失う

私は、一日のはじめに、今日やることを一つ一つ書きだしていきます。

基本的には、そのリストをもとにして仕事をするようにします。

しかし、時にはそのリストが一日分の容量をオーバーしそうなときもあります。

すなわち、「今日やらなきゃいけないことが、今日中に終わらない」という可能性を、一日のはじめに思い知らされるのです。

そうなると、どうしても人間は「できる限りのところまで終わらせよう」と考え、「急ぐこと」に集中します。

ここで重要なマイナスポイント。

それは、「やること」ではなく「急ぐこと」に集中してしまうことです

 

急ぐことに集中するとどうなるか。

  1. 急いでいるつもりでも、仕事がなかなか進まない、
  2. 進まないから、早く片付きそうな仕事に移る、
  3. でもさっきの仕事が気になりながらのストレスが残る、
  4. 全体としてパフォーマンスが落ちる。

 

どうしてこのようなことが起こるのでしょうか。

それは、「頭と体のスピードのバランス」 が崩れるからではないかと思います。

体は急ごうと思えばある程度なら動きに無理が効きます。

だけど、頭の方は急ごうと思えば思うほど、「急ぐこと」に集中してしまうため、余裕がなくなってきます。

 

それは、あまり急ぎすぎると、頭のほうがさきに余裕をなくすことを意味しています。

 

そして、頭が余裕をなくすと、体が無意識に動き出します。

このときの無意識の動きは、無駄な動きである事が多いです。無意識の体の動きは、精神的に弱い部分に流れやすいのだと思います。

例えば、忙しい時に限って机の上の片付けをはじめてしまったり、ネットサーフィンに没頭してしまったりといった、単なる時間つぶし、時間の無駄遣いに流れてしまいます。

 

体と頭のバランスを取って日々のタスクをこなす方法

解決方法は2つあります。

一つは、無意識でも体が正しく動くように、行動を完全に習慣化することです。習慣というのは、本人がとくに意識せずとも体主導でこなせるようになるまでになったルーチンワークのことを言います。

習慣化した行動をしている間は、実質的に頭のリソースはほぼ100%空きの状態なのです。

しかし、日々の仕事はむしろルーチン化することが難しいものがほとんどですので、この方法による問題解決は限定的です。

 

そこで、もう一つの解決法。それは、頭のリソースがいつも余裕を持っていられるようにゆっくり動く、そして体を効率的に動かす、ことです。

このことを「ゆっくりと急ぐ」と言っています。

言い換えれば、体の動きが先走りすぎないように、うまくスピードをコントロールするということです。

先ほど述べたように、単純な仕事の場合は、体がいくらスピードを出しても、頭は余裕を持って動くことができます。しかし、ちょっと複雑な仕事になると、同じように体を動かしていると、頭は余裕をなくしてしまいます。

 

これはちょうど、カーレースなどで、長い直線はアクセル全開で思いっきり飛ばしても大丈夫な反面、カーブに差し掛かったら適切な速度までブレーキングをして、(頭を使って)コーナリングをするのに似ています。もし、直線のような勢いでカーブに突っ込んだ場合は、確実にコースアウト(仕事の場合は現実逃避)してしまいます。

 

そのために心がけるべきは、頭と体のスピードのバランスに常に気を付けるということです。

スポンサーサイト

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

タスク管理システムは、アウトプットよりインプットの方が重要である理由

私はToodledoという、Webベースのタスク管理ツールを使っています。

Toodledo : A to-do list to organize your tasks

 

このツールは、様々な機能がありとっつきにくい反面、

非常に強力なツールです。

 

私はこのツールを日々のTodo管理兼、ウィッシュリスト兼チェックリストとして使っています。

日常生活、日々の行動に必要な要素は、すべてToodledoで管理しています。

 

Todo管理で最も難しいことの一つに、Todoリスト内容を常に新鮮に保つということがあります。

つまり、Todoリストは、単にタスクの保管場所ではいけないということです。

タスク管理の理想は、タスクがスムーズに”入っていき”、そして”出ていく”という、摺動性の高い流れの中にTodoリストがあるべきだと考えています。

 

タスクが出ていく方は、タスクが完了したという明確な定義のもとで、リストから削除(又は完了チェック)することで、スムーズにタスクをリストの中から”追い出す”ことができます。

 

しかし、タスクが入っていく側は、非常に難しいです。

その理由として、

  • タスクは急に発生する
  • タスクは急に増える

ということが挙げられます。

 

従って、タスクのインプット側には、

なるべく少ない手順で

  • 簡単に
  • いつでも

タスクを入れることのできるシステム構築が必要となります。

 

タスクのインプット側が滞りがちになると、

タスク管理システム自体がうまく機能しなくなってしまいます。

だから、このタスクのインプット側は十分時間をかけて

うまく機能するシステムを考える価値があると思います。

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

成功と失敗について

成功は自分の外側を豊かにし、

失敗は自分の内側を豊かにする。

自分の外側とは、金銭、名誉、他人からの賞賛を指す。これは往々にして成功によって収めることができる。

ただし、この外側の豊かさは、自分の内側までも豊かにすることはできない。むしろ、余分な(外側の)豊かさは、虚なこころ、前に進もうとする意気を奪いかねないものである。

したがって、成功したからと言って、すべてがうまくいったと思わないほうがよい。どのような成功も、100%は無く、どこかに小さなまたは大きな失敗が含まれていた、と考えるべきである。

自分の内側とは、自分の外側以外のすべてである。これは、自分が失敗をしたときに豊かになる。さらに言えば、自分が失敗を『認識した』時に得られるものである。この認識力については、以下エントリに述べている。

研究者にとっての「失敗」とは My Scratch Pad

ここでは『行き止まりを知る』という言葉で述べているが、上と同じことである。

成功の中にも失敗はある。だからそこから反省することを怠らないことだ。

失敗の中にも成功はある。だからそこで卑屈になり過ぎないことだ。

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

自分を最優先させる生き方

Shipping Line of Boxes-Cartons

自分を最優先させることを大切にしたい。

自分の定義とは人によってさまざまである。自分の周りで生活している人たち。それがたとえば家族であったり、会社であったり、そのほかのコミュニティであるかもしれない。全体的な組織としての利害関係がある場合は、このように複数の人間が関係する状態を『自分』と形容することがありうるし、それが自然の姿だと感じる。

ただ時間に関していえば、『自分』という定義を一人の人間としての「自分自身」というレベルにまで認識を最小化しなければいけない。それはなぜか。人があるコミュニティ内で生活している限りは、その中にはその中に属する人たちの相対的な時間関係で時が流れていき、全体的な時間もその中で区切られているのに対し、『自分自身』が感じる時間は絶対的なもので、そこに他の人との相対的な何かがあるということはありえないからである。つまりは、『自分自身』時間において存在しうるのは自分が認識している『その時間』のみということ。

だから、まず最初に『自分自身』ついて時間を管理すべき。

お金の話に例えると、受け取った給料からまずは自分の使いたい金額を差し引くこと。これがお金における自分最優先ということ。このことによって、残りの金額は、自分以外の目的に使うことがはっきりして、使う時の指標ができる。これが、もし自分自身以外の目的のお金を先に投資してしまった場合、本来自分が必要であった金額をきちんと残しておくことは非常に難しいし、本来使うべきではないことに余分にお金を使ってしまうことにもなりかねない。

お金の場合では、まだ救いがある。これが時間の場合だと、問題が発生した場合はもっと深刻な事態になる。ただ、その深刻な事態に直面している人はあまりに多い。

『最初に「自分自身」のために行動する』

時間についていえば、まず自分自身必要な時間を認識することだ。その中でも『将来の自分への投資』として時間を使うという使い方を、最優先すべきだ。つまり時間を貯蓄するという行為である。その時は時間の浪費に思えるような行動の積み重ねも、いつか大きな利子がついて戻ってくる。そのような行動を自分自身の価値観から探し出して、それを習慣化してこつこつと積み重ねていくことが大切。

それは、自分自身の価値観、心、直観と向き合うということ。

自分を最優先させること。この言葉とつなげて、タイトルにスケジュール管理と書いたが、『それ以上のこと』が言えるかもしれない。

最後に『それ以上のこと』を示唆する言葉を以下に記す。

Your time is limited,so don’t waste it living someone else’s life.
Don’t be trapped by dogma ? which is living with the results of other people’s thinking.
Don’t let the noise of other’s opinions drown out your own inner voice.
And most important,have the courage to follow your heart and intuition.
They somehow already know what you truly want to become.
Everything else is secondary

Steve Jobs

君たちの時間は限られている。だからその時間を、他の誰かの人生を生きることに使っていてはいけない。
ドグマにとらわれてはいけない。それでは他人の思考の結果とともに生きることになる。
他人の意見の雑音で、自分の内なる声を掻き消してはいけない。
大切なことは、君たちの心と直感に従う勇気を持つことだ。
心と直感は、君たちが本当になりたいものが何かを知っている。
だからそれ以外のことは全て二の次でいい。

スティーブ・ジョブズ

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

リーダーの使命と人材育成の要諦

リーダーの使命と人材育成の要諦は、以下のようなことなのだと思う。

リーダーの使命

    • 仕事における使命、目的と責任を明確化する。
    • 賞罰をはっきりおこなう。
    • 上司が知り得る限りの情報を与える。
    • 大幅に権限を委譲する。
    • 5報告を義務づける

     

    人材育成の要諦

    • ”その仕事の意義”
    • 「誰のために、何の為に行うのか。
    • これができたら、またできなかったら、どんなことが起こるのか」
    • 行動の理由の明確化
    • "動機付け"

     ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

    NEXT≫
    自己紹介
    知的生産における効率と非効率のスキマにあるたのしさを発信していきます。 日常を便利にするコツや、役立つ情報、ライフハックを中心に。 Evernote、 Toodledo、 Mendeley、 Google、 などのツールとどう付き合っていくかなど、その時の考え、興味の中心を書いていくブログです。
  • Twitter : @ichi_tas
  • Email : mspktr0@gmail.com
  • 最近の記事
    人気の記事
    Archived articles
    Categories
    タグ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。