スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

ルリボシカミキリの青 福岡 伸一

福岡伸一

ルリボシカミキリの青

ルリボシカミキリの青
  • 科学の目、時代の見方
  • 分子生命学

 

センス・オブ・ワンダー


ワンダーを感じる心
自然の美しさに目を見張ること
自然に対する畏敬の念
なにか美しさに打たれる
生命に打たれる
そのあとその人を支え続ける価値の基準
物事の判断の基本
美醜:美しいと思うか、美しくないと思うか
真か偽かより上にある概念
レイチェルカーソン:サイエンスライター、科学者の言葉
環境運動の出発点
すべての子供たちが持つべき軸
大人になる過程で忘れていくもの
何に打たれたのか何に目を見張ったのかを思い出すことの大切さ
朽ちかけた木の襞に、ルリボシカミキリがすっとのっていた。
嘘だと思えた。
しかしその青は息がとまるほど美しかった。
しかも見る角度によって青はさざ波のように淡く濃く変化する。
それは福岡ハカセがハカセになるまえの、ぎれもないセンス・オブ・ワンダーの瞬間だった。

 

私は虫を集めて何がしたかったのだろう?


フェルメールでさえ作りえなかった青の由来を、
つまりこの世界のありようを、ただ記述したかったのだ
世界の多様性を記述したい
世界を説明し尽くしたい
自然に対する畏敬の念

 

科学の興奮、生命の不思議


・ウイルスは、私たちの遺伝子が分離してできたものだった
・アオスジアゲハとクロアゲハの幼虫は、食べる葉が違う
・「脳死」と「受精卵利用」によって、ヒトの命の時間は縮まっている
・ハチミツの濃度は死海の塩水よりも高い
・遺伝子のコピーミスで、生物は進化する
・だが、コピーミスをするがゆえ、人類は「がん」の呪縛から逃れられない

 

完璧な標本をつくる


指先に虫を殺めた痛みが残る
これが生物学者のコア

ルリボシカミキリの青は
いつしか黒ずんでいく

 

動的平衡


絶え間なく動きながらある種のバランスをとっている状態
タンパク質構築のメカニズム
これはどんな生物にも共通で一通り
しかしタンパク質を壊す仕組みは何通りもある
生物はつくるよりも壊すことに長ける
生物は常に壊し続ける
秩序を守るため
それは本来は頑丈に作るべきもの
ただし、頑丈には限界がある
生物は逆の道を選ぶ
常に壊して作り変え続ける
エントロピー増大の法則には逆らえない
秩序ある状態から、秩序ない状態へと移る
時間
エントロピー増大の法則で壊される前に
内部で自ら壊して捨てて、作り直す
環境に対する柔軟性
生命は自転車操業
いつかエントロピー増大の法則に追いつかれる
それが生物の死
それまでに次の生命にバトンタッチするから
生命は脈々と絶え間なく続く
パスがまんべんなくいきわたっている状態が
生物にとって健康な状態
二酸化炭素を植物が吸収する
吸収したものを微生物に受け渡す
このパス
人間は植物をつぶす
地球を動的平衡としてとらえたときに
不健康な状態になりつつあるということ
地球の動的平衡の循環・パスが滞っている

 

動的平衡の感覚を養う


万物は流転する
機械論的なものの見方の中で忘れ去られていった
自分の生きている時間軸を以下に過去と未来に伸ばして考えられるか
環境の中の動的平衡はもっと長いスパン
すぐには結果は出ない
そこまで時間の軸をとって考えられるか

 

現代社会の効率重視


時間軸を分断する考え方
時間を分母にする考え方
時間当たりいくらとか

動的平衡はどこかで効率を上げると
どこかで効率が下がっていくという考え方
効率主義とは対極の考え方
豊かさが集まればどこかで貧しさが増える

三高
高学歴高身長高収入
三つ高いところがあれば必ず低いところがある
三高の人は四低を持つという考え方
動的平衡的な考え

 

馬を水辺に連れて行くことはできても水を飲ませることはできない


子供がセンスオブワンダーを感じるか
自分の体験を語ることはできても
語った相手にセンスオブワンダーを感じてもらえるとは限らない

子供の時に好きだったことがそのまま職業につながることはない
しかし、その時のセンスオブワンダーがその後のあり方の軸となる

 

パズルのピース一つ一つは入れ替わるが


周りのピースの関係性が保たれていさえすれば
全体は保たれる
細胞も周りの空気を読みながら、
全体として規律のとれた構造となるように自分の役割を決めていく
細胞自体は生まれたときは自分が何になるかはわかっていない
ただほとんどの細胞は自分の役割を周りの関係性により決める
自分の役割を見つけられずに、我を忘れてふけ続ける細胞ががん細胞

 

若者の自分探しも同じ


社会の中で自分とは周りの関係性の中にある
自分の中にはない
自分の役割を見つけられずに自分の内側にのみ目線を向けて
自分の好きなように生きていては、がん細胞となんら変わりはない

そこに自分の役割を見つけてやることがガン治療の究極の方法

 

センスオブワンダーに出会うためには


気づいたときにあるもの
自分の好きなものを極めること
好きなものはもう始まっている
それを忘れているだけ
今から好きなものを探すよりも、それを思い出すこと
道の究め方
だから、最初のセンスオブワンダーを覚えていることが大切

チャンスは良い準備の下に訪れる

好きなことをずっと好きであり続けること

 

教育・学びの本質


どうして勉強しなきゃいけない?
系統立って勉強しなくても生きていける
しかし、勉強しなくては
我々が世界を見るときに、視覚、聴覚、、、、のみでしか見れない
人間の感覚は往々にして偏りがある、だまされやすい
学問を身に着けることは、その偏りを正しいものとして認識するために必要
微分積分1600年代・ガリレオ。顕微鏡。天体望遠鏡。フェルメール
世界を微分したい
世界を時間軸で分ける
時間を止める
止めた時間の中に、時間軸を込める、動きを込める
絶え間なく動き行く世界を正しく記述したいということが微分の本質
ここになぜ微分が求められたかの勉強がある
五感だけに頼らないものの見方を学ぶことが学びの本質

教科書に載っていること
XXXはYYYである。という単なる知識の羅列。
これは、別に授業で知らなくてもよい。
本当に教えないといけないことはXXXがなぜ必要とされたのか。
YYYに至るまでのプロセスなど。
知識として体系立つまでの歴史を教えるべき。

 

美しいもの


なぜ美しいと感じるのかということを知りたい

 

世に問うていきたいこと


どうして動的平衡が保たれているのか
全体の統一を支えているものは何か

 

目次


プロローグ
第1章 ハカセの研究最前線
第2章 ハカセはいかにつくられたか
第3章 ハカセをいかに育てるか
第4章 理科的生活
第5章 『1Q84』のゲノムを解読する
第6章 私はなぜ「わたし」なのか?
第7章 ルリボシカミキリの青
エピローグ

参考:

Amazon.co.jp: ルリボシカミキリの青: 福岡 伸一: 本

ラジオ版 学問ノススメ Special Edition

『もう牛を食べても安心か』(文藝春秋、2004年)
『プリオン説はほんとうか?』(講談社、2005年)
『ロハスの思考』(木楽舎、2006年)
『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書、2007年)
『できそこないの男たち』(光文社新書、2008年)
『動的平衡』(木楽舎、2009年)
『世界は分けてもわからない』(講談社現代新書、2009年)

スポンサーサイト

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

2010年8月最近の書籍関連エントリー

【最近の書籍関連エントリー】

- つくり始める前に見ておきたいプレゼン資料作成のコツ My Scratch Pad

- [読書]トコトンやさしい石油の本 (B&Tブックス 今日からモノ知り ...

- [読書]マニャーナの法則を読む My Scratch Pad

- Mendeley Desktopで著者名の表記を統一する方法 My ...

- 3Dテレビに追い込まれた日本メーカー My Scratch Pad

- Inputフロー2.0 Evernote ノートブック活用法改善 My ...

- 仕事効率を向上するために、仕事を細かく分けて分類する My ...

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

[読書]<わかりやすさ>の勉強法 (講談社現代新書) [新書]

<わかる>に必要な3つの要素とは<わかりやすさ>の勉強法 (講談社現代新書)


  1. 並べ方
  2. 分け方
  3. 繋げ方

 

フロー情報とストック情報を使い分ける

  • フロー:ニュース、雑誌、新聞
  • ストック:本、辞書

フローから情報を仕入れ、

自分の価値観に合致した情報を

ストックする。

 

池上彰の説明はなぜ<わかりやすい>のか

ニュースに対する見方

この情報に対して、自分が理解できない点を

常に見つけようとする姿勢

 

わかりやすく情報を伝えること

  • NHK:AがBをした
  • 民法:AがBをした。どうやってBをしたのか。なぜBをしたのか。
  • 池上彰:AがBをした。そもそもAとは何か。Bとは何か。Aはなぜ存在するのか。Bをする必要はあったのか。

 

 

そもそも。。。なぜ、、、の感覚をみにつけよう。

 

<わかりやすさ>の勉強法 (講談社現代新書)
<わかりやすさ>の勉強法 (講談社現代新書)

池上彰・著

【目次】
第1章 テレビでプレゼンのヒントを学ぶ
綴じなければ、話の全体像が見える/キーワードを有効に活用しよう/焦点の当て方が内容を左右する…
第2章 話のキモ(中心テーマ)を見つけよう
フロー情報とストック情報を使い分けよう/話のキモとは「そもそもなぜ~なのか?」という疑問/キモの部分をプレゼンの頭に持ってくる…
第3章 プレゼン力を伸ばす
話がうまいスタッフは「絵が描ける」話をする/絵を描ける説明とは/具体的な言葉で「話のフック」をつくる…
第4章 新聞の読み方、ネットの使い方
どうして私は紙の新聞にこだわるのか/データとして手元にストックできる/ひいきのブロガーを見つけよう…
第5章 クリアファイルで情報整理
持ち歩けるフロー情報ファイル/自己流の編集力を/クリアファイルは“編集機”だ…
第6章 本の読み方
本は最強のストック情報/アマゾンの読者レビューの使い方/A4の裏紙を四つ折りにして本のメモに…
第7章 ノートのとり方、メモのとり方
手帳はスケジュール専用/取材ノートは左右ページを使い分け/ビジネスへも応用可能/レポート用紙で再整理も…
第8章 わかりやすい文章を書くために
企業小説にはなぜ素人が登場するのか/すぐれたブロガーの文章も参考になる/「耳で聞いてわかる」表現を…
第9章 聞き上手は伝え上手になれる
相手が話しやすくなるリアクションを/準備してきたメモは忘れよう/「いい質問ですねぇ」は「いい反応」を引き出す…
第10章 時間を有効に使ってみよう
「集中力できた」経験を忘れずに/細切れ時間の活用法/新幹線の往復時間…

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

3Dテレビに追い込まれた日本メーカー

Photoxpress_4977955

3Dテレビは普及するのか、各社の戦略を総まとめ | セレクト | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉

 

今年、日本の電機メーカー各社は、3次元の映像に対応したいわゆる3Dテレビを国内市場に投入した。

ここで3D=立体映像に関することと、テレビに関することをまとめる。

3Dの原理は、左右の目に違う絵を見せることで、映像を立体に見せかける技術。

見せかける=脳をだましている。
原理的には19世紀前半。

1838年にイギリスの科学者チャールズ・ホイートストンが発明したステレオスコープが立体視の始まり。

この原理をテレビに応用するためには、右目用、左目用別々の映像を高速で切り替える技術と、右目用の映像の時には左目を隠して、左目用の映像の時には右目を隠すような仕組みのメガネの技術が必要。

技術的には、左右映像切り替え技術とメガネの技術はすでにかなり前から出来上がっていたと見るほうがよい。

そうでなくては、現在の状況のように、各社一斉にテレビを3D対応にすることはできないから。

ではなぜ今まで3D対応のテレビを「出せるのに出さなかったのか」

もちろんコンテンツの不足という側面もあるだろう。

ただそれ以上に理由は簡単で、「売れそうになかったから」であろう。

そもそも、3Dの映像を見るためにメガネをかけなくてはいけないということに対する、一般的な抵抗感がある。

今までもカメラ、ゲーム端末などいくつかの製品で3Dに挑戦した製品もあったが、いずれも一時的なブームで終わってしまっている。

ここでもう一つの疑問。

ではなぜこのタイミングで3Dテレビを出さないといけなかったのか?

その答えは、この記事のタイトルにもある「追い込まれた」からとみるべきだろう。

薄型テレビは代表的には、液晶のシャープ、ソニー、東芝と、プラズマのパナソニックがある。

確かに、数年前までは、日本メーカーの圧倒的な技術力、製品化のノウハウから、海外メーカーに比べ大きな優位性を持っていた。

その間も、日本メーカーは美しい細かい映像と、滑らかな絵の動きを求め、技術開発を続けていた。

その傍ら、海外メーカーは、日本から製造機器を大量に仕入れると当時に、その製造機器に付随して入ってくるノウハウの蓄積を行っていた。

数年が経った現在の状況は、薄型テレビの品質自体は日本と海外とではほとんど差はないといってもよい。

少なくとも2次元の絵を見る限りでは。

薄型テレビでも、いわゆる「コモディティ化」が起きている。

そうなると、機能は多いが価格は高い日本のテレビより、機能は少ないが価格の安い海外のテレビのほうが売れるのは当然である。

絵のきれいさは、一般の人間が見たらどちらも同じくらい美しい映像だから。

日本のメーカーは差別化に奔走する。

レコーダー機能を内蔵したり、プログラム的に映像のきめ細かさや、滑らかさを追及したりした。

それも、結局は今までのアイデアを組み合わせただけの高機能化、高付加価値化に過ぎなかった。

メーカーは残された道を探す。

その結論、立体映像。

今まで日本メーカーは、きめ細かく、滑らかな映像表現を実現するテレビ技術を目指すうち、いつの間にか3Dテレビに最適な技術を開発していた。

つまり、左右の目に異なる映像をうつすための高速な画像切り替え技術は、滑らかな映像表現の技術の応用だし、別々の映像をうつしても、画像的に破たんしないためには、もともとのテレビがきめ細かく映像を映し出す能力がなくてはならなかった。

かくして、日本メーカーは、かつて「売れない」と自ら判断した立体テレビに追い込まれ、その結果2010年の立体テレビ元年と相成った。

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

[読書]電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)

音楽業界とAppleのiTunes & iPod

AppleがiTunesとiPodを使って起こした風は
音楽業界に「プラットフォーム化」という波を生み出した。
それは、音楽を既得権益の種としてきた者が見てみぬふりをしてきたこと。
音楽という既得権益をビジネスとして成立させる前提が崩れてきたということ。

アルバムCD、シングルCDという、パッケージ化された製品形態から、
ネットワークを通じで「形のない」製品を売るという販売形態へ。

なぜそこに独占的な権益が生じていたのか。
それは、参入障壁の壁とコンテンツの囲い込みであろう。

インターネットが発展し、ウェブを通じた製品の購入という
スタイルが一般化してきたことで、
この参入障壁は非常に低くなったといわれる。

一方、コンテンツについては、
従来音楽業界が強固に囲い込みを行っていた。
そのため、それを守りさえすれば、いくらでも
金が生み出せるという構図がそこにはあった。
少なくとも1990年代までは。

2000年代に入った。
ただ音楽業界は全時代の輝かしさを追い求め
復活の日を夢見ながら、10年前からの
「金を生み出していた」方法にしがみついた。

結果、そのからは今まで出てきたはずの金が
出てこなくなっていた。
音楽業界は戸惑う。
井戸の水が枯れたのは、干ばつのせい?
それとも今まで水をくみ上げすぎたせい?

音楽業界は結論付けた。
「それは、どこから水を黙って持って行っている輩がいるからだ」と。
「我々の井戸から奪った水を不特定多数に配っているやつがいる」と。

彼らは「ファイル共有ソフト」と呼ばれる水泥棒を激しく非難する。
世論も表向きは同調しつつも、一方で井戸水を飲み干し続けていた。

ネットワークを経由して、あらゆるファイルをやり取りするために
生まれたそのソフトは、確かに音楽を手に入れるための
もっとも手軽で最も安上がりな方法だった。

その時音楽業界は気づいていたはずだ。
ウェブを次世代の音楽の流通経路にすることが、大きなビジネスチャンスである、ということを。
ただ、できない。
水泥棒恐怖症。

同時に消費者もわかっていた。
水泥棒から分け前をもらうより、「ちゃんとした」場所で
音楽を手に入れる方法があれば、お金を出す覚悟はあることを。

そのタイミングでAppleがiTunesとiPodを使って起こした風は
音楽業界に「プラットフォーム化」という波を生み出した。
それは、音楽を既得権益の種としてきた者が見てみぬふりをしてきたこと。
音楽という既得権益をビジネスとして成立させる前提が崩れてきたということ。

まさに
「進も地獄、戻るも地獄」
である。

 

キンドルというプラットフォーム

このストーリーは、音楽を書籍に置き換えたとき
Amazonが電子書籍販売とキンドルを使って起こそうとしている変化を
そのままトレースしている。

今後、書籍業界はどちらに進むのか。
少なくとも、戻る方向の地獄には未来がないことだけは確かである。

 

電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)
電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)

 

目次

第1章 iPadとキンドルは、何を変えるのか?
*姿勢と距離から見る、コンテンツとデバイスの相性
*キンドルの衝撃
*これ以上ないほど簡単な購入インターフェイス
*物理的制約を離れ、膨大な数の書籍の購入が可能に
*ハードカバーの約3分の1という戦略的低価格
*複数のデバイスで読書が続けられる仕組み
*「青空キンドル」? 日本語の本はまだだが……
*「ヌック」「ソニーリーダー」……百花繚乱のアメリカ・ブックリーダー
*アマゾン・キンドル最大の対抗馬、アップルiPadの登場
*iPadが有利なこれだけの理由
*iPadが不利な三つの点
*決め手は、プラットフォーム
*電子ブックによって本は「アンビエント」化する
*ここまで進んでいる音楽のアンビエント化
*そして、情報のマイクロコンテンツ化へ
*本のアンビエント化の先にあるものは?
第2章 電子ブック・プラットフォーム戦争
*ベストセラー作家が電子ブックの版権をアマゾンに
*電子ブック、ディストリビューターの広がり
*出版社の勝算なき抵抗
*そして、アップルiPad の参入
*マイクロソフトから始まったプラットフォームビジネス
*音楽のネット配信、テクノロジー業者とレーベルとの戦い
*アップルiTunesミュージックストアの登場と勝利
*音楽業界におけるアップルのプラットフォーム戦略を
完全にコピーして挑んだキンドル
*アマゾンのホールセール契約を覆させたアップルのエージェント契約戦略
*アップルは出版社にとって、ホワイトナイトか? トロイの木馬か?
*メディア同士のアテンションエコノミーの戦いの中で
*グーグルブック検索の参入
*グーグル和解問題は、日本の出版業界でも大騒動に
*グーグルは何を狙っているのか?
*出版社連合の電子ブック・プラットフォーム構築の失敗
*わずか二年で失敗した、日本の「電子書籍コンソーシアム」
*著作権二次使用権の問題
*取次中心の業界のしがらみから脱却できず
*そして、書き手の参入へ
第3章 セルフパブリッシングの時代へ
*アマゾンで、だれでも書き手の時代到来!?
*ISBNコードを取得する!
*アマゾンDTPに、アカウントを登録!
*原稿をアップロードする!
*電子書籍は出版文化を崩壊させるのか?
*アマゾンでのセルフパブリッシング、オンデマンド印刷も
*プロモーションはどうするか? マーケティングの新しい潮流
*楽曲のセルフ・ディストリビューションに挑むまつきあゆむさん*目次より抜粋

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

[読書]トコトンやさしい石油の本 (B&Tブックス 今日からモノ知りシリーズ)

原油依存度

  • 1970年代:70-80%
  • 2010年:40%

 

石油危機は再び起きるか

1970年代の石油危機は、原油供給のひっ迫とそれに伴う価格高騰によるもの。

ただ、それが「危機」となるに至るには、以下の要素がからんでいる。

  • 経済規模に対する原油依存度
  • 当時物価に換算した原油価格変動

 

2008年(平成20年)2月に,

ニューヨークの商業取引所の原油先物市場で1バレル=100米ドルを突破した際も、

大きなニュースにはなった。

しかし、経済的に「危機」となったかと言われたら、そうでもなかった。

少なくとも、私の周りにはそのような気配はなかった。

それは、

1970年代と比べ、日本のGDPに対する原油関連の依存度は半分以下になっている。

また、原油価格の高騰も、物価変動を加味した形でとらえる必要もある。

ということ。

 

トコトンやさしい石油の本 (B&Tブックス 今日からモノ知りシリーズ)
トコトンやさしい石油の本 (B&Tブックス 今日からモノ知りシリーズ)

目次

第1章 石油って一体なんだろう?
第2章 石油を発見するのはとても大変
第3章 石油の採掘と技術革新
第4章 石油の流通・輸送・貯蔵
第5章 多くの用途に利用される石油
第6章 石油産業と環境問題
第7章 激変してきた石油産業の変遷
第8章 石油市場の形成と価格決定の仕組み

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

[読書]絵でみる石油ビジネスのしくみ (絵でみるシリーズ)

ケロジェン根源説

  1. 生物堆積
  2. ケロジェン生成
  3. ガス、水、油に分離
  4. 岩からしみだす
  5. 上から、岩→ガス→油→水→岩=石油貯留層形成

 

石油の残りは琵琶湖15配分

楽観的な推定で、琵琶湖15配分の石油がまだ残っている。

ちなみにこれまで人類が使った石油量は琵琶湖5杯分。

 

代替エネルギー

現在、全世界で使用している原油の2%を代替するために必要な、代替エネルギー源。

 

風力だと、

3300kWクラス、1km^2当たり1基設置可能

=日本の国土面積の66%ほどの広さが必要

 

太陽電池だと、

6600km^2

=宮崎県位の広さが必要

 

絵でみる石油ビジネスのしくみ (絵でみるシリーズ)
絵でみる石油ビジネスのしくみ (絵でみるシリーズ)

 

目次

第1章 そもそも石油って何だ?
第2章 原油を生産している国―産油国ってどんな国?
第3章 巨大資本―石油メジャーとは何だ?
第4章 各国はどんな石油戦略を考えているのか?
第5章 原油はどうやって取引されるのか?
第6章 世界はどのように原油を消費しているのか?
第7章 日本の石油業界はどうなっているのか?
第8章 トレーダー、商社の役割は何か?
第9章 国内石油化学コンビナートとは何か?
第10章 日本の産業、消費者と原油との関係は?
第11章 これからのエネルギーとは?

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

自己紹介
知的生産における効率と非効率のスキマにあるたのしさを発信していきます。 日常を便利にするコツや、役立つ情報、ライフハックを中心に。 Evernote、 Toodledo、 Mendeley、 Google、 などのツールとどう付き合っていくかなど、その時の考え、興味の中心を書いていくブログです。
  • Twitter : @ichi_tas
  • Email : mspktr0@gmail.com
  • 最近の記事
    人気の記事
    Archived articles
    Categories
    タグ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。