スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

『考具』加藤昌治

 

考具 ―考えるための道具、持っていますか? [単行本]
加藤 昌治 (著)

 

目次

序 章 広告会社でも最初は「ただの人」。今からでも全く遅くない!
第1章 「アイデア」「企画」を考えるとは、何をすることなんだろうか?
第2章 どうしたら"必要な情報"が入ってくるのか?
第3章 展開・展開・展開!
第4章 企画=アイデアの四則演算!
第5章 時にはスパイスを効かす!
第6章 あなただけの『考具』を見つけよう!
終 章 頭の動き方がシステム化することこそ、本当の『考具』かもしれない
感謝のことば
参考・引用文献

要点メモ

・フィージビリティスタディ=実現可能性の確認

・オズボーンのチェックリスト
1.転用したら?
    新しい使い道は?他分野へ適用はないか?
2.応用したら?
    似たものはないか?何かの真似はできないか?
3.変更したら?
    意味、色、働き、音、匂い、様式、型を変えれないか?
4.拡大したら?
    より大きく、強く、高く、長く、厚くできないか?時間や頻度などかえれないか?
5.縮小したら?
    より小さく、軽く、弱く、短くできないか?省略や分割できないか?何か減らすことができないか?
6.代用したら?
    人を、物を、材料を、素材を、製法を、動力を、場所を代用できないか?
7.置換したら?
    要素を、型を、配置を、順序を、因果を、ペースを変えたりできないか?
8.逆転したら?
    反転、前後転、左右転、上下転、順番転、役割など転換してみてらたどうか?
9.結合したら?
    合体したら?ブレンドしてみたら?ユニットや目的を組み合わせたら?

・成功するためのノウハウはすでに明らかになっているのに実際の行動に移す人は1%しかいない。だから成功するのは簡単なんだ

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

自己紹介
知的生産における効率と非効率のスキマにあるたのしさを発信していきます。 日常を便利にするコツや、役立つ情報、ライフハックを中心に。 Evernote、 Toodledo、 Mendeley、 Google、 などのツールとどう付き合っていくかなど、その時の考え、興味の中心を書いていくブログです。
  • Twitter : @ichi_tas
  • Email : mspktr0@gmail.com
  • 最近の記事
    人気の記事
    Archived articles
    Categories
    タグ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。