スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

Evernoteになんでも放り込めば良いというわけではない、ということについて

 

先日、Evenroteの情報を必要なモノだけに絞る「Evernote断捨離」という点に触れました。

 

その中で、「Evernote断捨離」のメリットを3点紹介しました。

    1. 検索結果にノイズが混ざらなくなった
    2. 検索結果の中に思いがけない発見がある情報が増えた
    3. ノートを見返すことが楽しくなった

Evernoteを使いこなすようになるまでの10のステップ - My Scratch Pad

 

 

今回は、三点のメリットについて、

なぜこのようなメリットが生まれたのか?

ということでちょっと考えてみました。

 

Evenroteの情報を必要なモノだけに絞るメリット

medium_3104441274

photo credit: ecstaticist via photo pin cc

 

検索結果にノイズが混ざらなくなった

 

見返してもよくわからないログや、今の自分に興味がないWebクリップなどは、

検索結果にたくさん引っかかってくる割に、

その時の自分にとって有益な情報である可能性は低いです


このような情報は、その時点の自分にとってノイズとなります。


 

ノイズの入った検索結果から、

自分にとって本当に必要な情報のみを抽出する作業は

本来、クリエイティブな領域に使用すべき集中力のリソースを、

検索に費やしてしまうことになります。


 

検索は本来Evernoteに最大限任せるべきです。

 

では、どうすればよいか。

 

そこで、Evernote内の情報を必要なモノに絞ることが重要になってきます。

Evernote内の情報が自分にとって本当に「刺さる」情報のみであるならば、

検索結果も、自分の感性に純粋に響いてくる情報が出てくるようになります。

 

この、検索結果に自分にとって有益な情報の純度が高まることで、

もう一つの効果が見えてきました。

 

 

それは、

medium_2189664587

photo credit: lulazzo [non vede, non sente, non parla] via photo pin cc

 

検索結果の中に思いがけない発見がある情報が増えた

 

ということです。

 

検索をかけた時に、自分が検索前にイメージしていた情報が見つかりやすくなったのと同時に、

本来、自分の意図していなかった検索結果にも目を通す余裕も出てきました。

 

そして、その中にも、自分が予想していなかったイメージのつながりが出てきたり、

目的の情報を強力にサポートするアイデアが膨らんだりする情報が見つかるようになりました。

 

これまでであれば既存の情報だけを見つけて満足していた状況がかわり、

既存の情報を組み合わせることで新しいアイデアが浮かんでくることが多くなりました。

 

 

つまり、これまでの検索という行為は、情報の発見を目的としていたのに対して、

断捨離後は、検索という行為そのものが知的生産のスタートポイントになりつつあるということです。

 

これが本来、自分が理想としていたEvernoteの検索の姿かなと思っています。

情報の発見を目的とした検索はGoogleなどの検索サイトに任せるとして、

知的生産というアウトプットを目的としたスタートポイントはEvernoteを使う。

これが検索サイトと、Evernoteとの情報検索が、両者の強みを生かした使い分けかと思いました。

 

そして、最終的には、

 

 medium_3102653679

photo credit: Adam Foster | Codefor via photo pin cc

 

ノートを見返すことが楽しくなった

 

ということがいえると思います。

 

人は本来、何らかの目的を持たずとも、自分の頭の中からイメージを外部化することに

喜びを感じる生き物であるように思います。

 

そして、断捨離後のEvernoteはまさに、

そのイメージを形作る上で非常に重要なピースを埋めてくれるツールとなりつつあります。

過去のノートを見返すたびに、新しいアイデア、イメージが浮かんでくることで、

この「ノートを見返す」という行為がとても楽しくなってきました。

 

 

最後に

Evernoteのに放り込む情報を絞るということで、

  1. 検索結果にノイズが混ざらなくなった
  2. 検索結果の中に思いがけない発見がある情報が増えた
  3. ノートを見返すことが楽しくなった

という利点があったという、私の体験をもとに考察してみました。

 

Evernoteという第2の脳を活かすためには、

これまでの「なんでも放り込む」方法の使い方より

「情報を絞る」使い方のほうが、自分のアウトプットを行う際の

イメージに近いと感じています。

 

「情報を貯めるEvernote」から「情報を整理するEvernote」

そして「情報を活用するEvernote」

 

 

知的生産のスタートポイントとしてのEvernoteであるならば、

その中の情報の純度を高めることが必要であるということです。

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

自己紹介
知的生産における効率と非効率のスキマにあるたのしさを発信していきます。 日常を便利にするコツや、役立つ情報、ライフハックを中心に。 Evernote、 Toodledo、 Mendeley、 Google、 などのツールとどう付き合っていくかなど、その時の考え、興味の中心を書いていくブログです。
  • Twitter : @ichi_tas
  • Email : mspktr0@gmail.com
  • 最近の記事
    人気の記事
    Archived articles
    Categories
    タグ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。