スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

オバマからジョブズまで、歴史的人物のスピーチ5000本以上を無料で聞く

medium_2700673895

photo credit: Barack Obama via photo pin cc

 

有名な英語スピーチを実際の音声で聞ける

英語でプレゼン、スピーチをする際に、参考にしたいので、備忘としてメモ。

以下のページから、歴史的人物のスピーチ300本以上を聞くことができます。

 

The Free Information Society - Media in History/Other
Files in Media/History/Sound (MP3) ...

 

有名なスピーチが300本以上

具体的には以下の人物などのスピーチが300以上あります。

  • ランス・アームストロング(自転車ロードレース選手)
  • ニール・アームストロング(宇宙飛行士)
  • ジョージ・H・W・ブッシュ(アメリカ第41代大統領)
  • ジョージ・W・ブッシュ(アメリカ第43代大統領)
  • ウィンストン・チャーチル(イギリスの政治家)
  • ビル・クリントン(アメリカ第42代大統領)
  • アルベルト・アインシュタイン(論理物理学者)
  • アル・ゴア(アメリカ第45代副大統領)
  • スティーブ・ジョブズ(アップル共同設立者)
  • マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(牧師)
  • ダグラス・マッカーサー(GHQ 最高司令官)
  • バラク・オバマ(アメリカ第44代大統領)
  • など。。。

 

このページから、歴史的なスピーチの音声ファイルを聞くことができます。

 

英語の教材としても

英語の学習や、スピーチの練習、暗唱用の教材として使えそうです。

話し方、リズム、テンポ、間のとり方は

完全に意味が聞き取れなくても、伝わってくるものがあります。

 

スクリプトとか日本語訳とかはついてないですが、

有名なスピーチの場合は、有志の方がHPなどで公開している場合も多いので

比較的探したらみつかりやすいと思います。

 

さらに5000本以上のスピーチ音声+スクリプト付き

上記サイトより、さらにすごいのが以下のサイト。

5000本以上のアメリカのスピーチが聞けます。

幾つかのスピーチに関しては動画やテキストがついているので、英語の勉強にも適しています。

 

American Rhetoric: The Power of Oratory in the United States
Online Speech Bank Database of and index to 5000+ full text, audio and video versions of public speeches, sermons, legal proceedings, lectures, debates, interviews, other recorded media events, and a declaration or two. ...

 

ぜひとも聞いておきたいスピーチ3つ

1, マーティン・ルーサー・キング・ジュニア  ”I Have a Dream

American Rhetoric: Martin Luther King, Jr. - I Have a Dream
Martin Luther King, Jr. I Have a Dream delivered 28 August 1963, at the Lincoln Memorial, Washington D.C. ...

マーティン・ルーサー・キング・ジュニアが、人種平等を呼びかける演説。

演説の中で、"I have a dream..."と繰り返し呼びかけることで、聴衆に対して強いメッセージを与えようとしています。

 

2, スティーブ・ジョブズ  ”Commencement Address at Stanford University

American Rhetoric: Steve Jobs - Commencement Address at Stanford University
Steve Jobs Commencement Address at Stanford University delivered 12 June 2005, Palo Alto, CA ...

And I've always wished that for myself. And now, as you graduate to begin anew, I wish that for you: Stay Hungry. Stay Foolish.

ジョブズが、スタンフォード大学の卒業生に向けたスピーチです。

Stay Hungry. Stay Foolish. という有名な言葉で締めくくられるこのスピーチ、

ジョブズのスピーチの力を最も強く感じつことの出来るスピーチであると思います。

英語自体も聞き取りやすく、言葉も明快なので、英語の勉強のためにリピートしてみるといいかもしれません。

 

3, バラク・オバマ ”President-Elect Victory Speech

American Rhetoric: Barack Obama - President-Elect Victory Speech
Barack Obama President-Elect Victory Speech delivered 4 November 2008, Grant Park, Chicago, Illinois ...

オバマ大統領の選挙勝利演説。

オバマ大統領のスピーチは、大統領就任当初、様々な関連書籍も出版されたことから、

大変注目を集めてきました。

非常によく練られた構成のスピーチと言えると思います。

このような立場のスピーチの場合、どうしても最大公約数的な表現に落ち着きがちですが、

このスピーチは、それぞれ伝えたい相手に対して可能な限りダイレクトに伝えたい内容を

伝えられるような工夫がされています。

このような点も、一つチェックしてみると面白いと思います。

 

最後に

これらのスピーチと同じレベルを求めるのは、さすがにハードルが高すぎるとは思いますが、

このような力のあるスピーチを聞くことで、自分が何かメッセージを発信するときのモチベーションを高めることができます。

そういう意味では、言葉を発する際の良いイメージを自分に植えつけてくれるのも、このようなスピーチを聞く上で需要な点であると考えています。

 

あと、英語の学習という観点でも、

この中の好きなスピーチを一つ選んで、何度も聞いて、暗唱できるまでに

練習することは、非常に英語力の向上に役立つと思います。

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

自己紹介
知的生産における効率と非効率のスキマにあるたのしさを発信していきます。 日常を便利にするコツや、役立つ情報、ライフハックを中心に。 Evernote、 Toodledo、 Mendeley、 Google、 などのツールとどう付き合っていくかなど、その時の考え、興味の中心を書いていくブログです。
  • Twitter : @ichi_tas
  • Email : mspktr0@gmail.com
  • 最近の記事
    人気の記事
    Archived articles
    Categories
    タグ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。