スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

[Chrome]WindowsでWebアプリをアプリケーション化して使う方法

私はいま現在、GmailEvernoteDropboxToodledoなど、

Webベースのアプリケーションを便利に活用しています。

 

今回は、これらWebアプリを、さらに使いやすくする方法をご紹介します。

しかも、無料で、追加アプリのインストール不要です。

 

Webアプリを使うとき、ブラウザを起動させてから、

目的のWebアプリのページを表示させているひとは多いのではないでしょうか。

 

しかし、Chromeさえあれば、これらのWebアプリを

あたかも普通のアプリケーションのように起動することができます。

ちなみに、この方法はWindows+Chrome環境限定です。

Macの方はこちらの記事で同じようなことが可能です。

 

よく使用するWebアプリを「アプリケーション化」してくれるMacアプリ、「Fluid」が超便利だ! | OZPAの表4
よく使用するWebアプリをアプリケーション化して、ブラウザを立ち上げること無く利用することのできるMacアプリ「Fluid」が神がかって便利だったのでご紹介! ...

 

ChromeでWebアプリをアプリケーション化する

方法は非常に簡単です。

まず、デスクトップを右クリックして、新規作成>ショートカットを選択。

syo-tokatto

 

項目の場所を入力してください、というところに「ある」文字列を入力して、「次へ」をクリック。

syo-tokattodialog 

 

ある文字列とは

以下のコマンド内の、ユーザー名は各自の環境に応じて書き換えてください。

(WebアプリのURL)にアプリケーション化したいWebアプリのURLを入れます。

 

"C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\Application\chrome.exe"  --app=(WebアプリのURL)

 

アプリケーション化したいWebアプリによって違いますが、

私が使っているWebアプリを以下に書きます。

参考にしてみてください。

 

Evernote

"C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\Application\chrome.exe"  --app=https://www.evernote.com/Home.action

 

Dropbox

"C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\Application\chrome.exe"  --app=https://www.dropbox.com/home

 

Toodledo

"C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\Application\chrome.exe"  --app=https://www.toodledo.com/tasks/index.php#main

 

Google リーダー

"C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\Application\chrome.exe"  --app=http://www.google.com/reader/view/?hl=ja&tab=cy

 

Gmail

"C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\Application\chrome.exe"  --app=https://mail.google.com/mail/u/0/?tab=mm#inbox

 

Google Calendar

"C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\Application\chrome.exe"  --app=https://www.google.com/calendar/render?tab=wc

 

ショートカットの名前を入力。

わかりやすい名前をつけて、完了!

syo-tokattodialog-evernote

 

デスクトップに、このようなアイコンが出現します。

これをダブルクリックすると、、

syo-tokattodialog-evernote-icon

 

アプリケーションみたいにEvernoteが立ち上がりました!

ウインドウも、普通にChromeからアクセスしたよりも、非常にすっきりしています。

evernote launch

 

この方法の利点

 

起動が早い

  • Chromeなのでもともと起動が速い
    • +余分なページを読み込まない分、普通のChromeより起動が早い

 

普通のアプリケーションと同じように扱える

  • アイコンを選択して起動できる
  • アイコンが自動的にWebアプリのアイコンになる(ならないものもあります)

 

立ち上げる手間を大幅に省ける

(これまで)

  1. ブラウザを立ち上げ
  2. ブックマークからWebアプリを探す
  3. Webアプリにアクセス
  4. 表示

 

(これから)

  1. アイコンをクリック
  2. 表示!

 

スペースを広く使える

  • ステータスバーやタブパーなどがすべて非表示のシンプル画面
  • 作業領域が広く取れるため、効率Up

 

まとめ

今回紹介した、Webアプリをアプリケーションとして使う方法は、

色々と応用ができると思います。

私は、このように登録したWebアプリを「クイック起動バー」に並べて、

普通のアプリケーションと同じ感覚で使用しています。

 

もし、Webアプリをぱっと起動させて、効率的に使いたい

という方は試してみてはいかがでしょうか?

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

自己紹介
知的生産における効率と非効率のスキマにあるたのしさを発信していきます。 日常を便利にするコツや、役立つ情報、ライフハックを中心に。 Evernote、 Toodledo、 Mendeley、 Google、 などのツールとどう付き合っていくかなど、その時の考え、興味の中心を書いていくブログです。
  • Twitter : @ichi_tas
  • Email : mspktr0@gmail.com
  • 最近の記事
    人気の記事
    Archived articles
    Categories
    タグ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。