スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

Dropboxを使ってあらゆる情報端末からEvernoteに情報を流し込む方法

この記事はこういう方におすすめ

  1. 複数の情報端末を使っていて、データを一元管理したい
  2. DropboxEvernoteをうまく連携させたい
  3. データの管理はなるべく自動化して、手間を掛けたくない
  4. Evernote情報を集約させたい

 

Evernoteで情報を一元管理する

今回は、メインで使っているコンピュータでEvernoteを使っていて、

他に持っているいろいろな情報端末から簡単にEvernoteにファイルを追加する方法です。

 

Dropboxを使ってEvernoteにファイルを同期させる方法

 

Information Flow from Dropbox to Evernote

上の図が完成予想図です。

このように、DropboxとEvernoteを活用することで、複数の端末から一つのEvernoteに情報を集約させることが可能です。

 

1.Dropboxのアカウントを作成し、各端末にDropboxをインストール。

これは無料のアカウントでOK。各端末にインストール後は、同じアカウントを使って設定しておきます。

これで、複数端末間で、Dropboxを使ったファイル同期の設定が完了です。

 

2.Dropboxフォルダに、Evernoteと同期するファイル専用の保存場所をつくる

Dropboxフォルダに、Evernote同期に使用するフォルダを作成します。

例えば「Evernote同期用」「to Evernote」[Evernote Import]などです。

このフォルダが、Evernoteと同期するファイル専用の保存場所になります。

 

3.Evernoteを設定する

メインのコンピュータにEvernoteをインストールします。

Evernoteの画面上、「ツール」メニューから「インポートフォルダ」を選択します。

 

「追加」ボタンをクリックして、先ほどDropboxフォルダ内に作成した「Evernote同期に使用するフォルダ」を選択して「OK」を押します。

 

するとリスト部分に、先ほど選択したファイルが表示されています。

ここで、設定項目が3つあります。

 

サブフォルダ

「はい」にすると、このフォルダのさらに下にあるフォルダの中身までインポート対象に出来ます。

基本的に「はい」にしておくといいと思います。

 

ノートブック

ファイルがインポートされる先のノートブックを設定します。

あとからでも変更ができますし、インポートしてからでもEvernote上でノートブック間の移動はできます。

もし、このノートブックにファイルをインポートしたいという場合は、そのノートブック名を選択します。

 

ソース

「保持」とした場合は、Evernoteにファイルがインポートされたあとも、Dropbox上のフォルダにファイルが残ります。

「破棄」とした場合は、Evernoteにファイルがインポートされた時点で、Dropbox上のフォルダからファイルが削除されます。

 

以上で設定は完了です。

「Evernote同期に使用するフォルダ」はDropboxがインストールされている端末であれば確認できる状態ですので、あとは、どの端末からでも、このフォルダにEvernoteに入れたいファイルをどんどん入れていくだけで、自動的にEvernoteにファイルが登録されるようになります

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

自己紹介
知的生産における効率と非効率のスキマにあるたのしさを発信していきます。 日常を便利にするコツや、役立つ情報、ライフハックを中心に。 Evernote、 Toodledo、 Mendeley、 Google、 などのツールとどう付き合っていくかなど、その時の考え、興味の中心を書いていくブログです。
  • Twitter : @ichi_tas
  • Email : mspktr0@gmail.com
  • 最近の記事
    人気の記事
    Archived articles
    Categories
    タグ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。