スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

Inputフロー1.0 Evernoteを使った情報の体系化

Photoxpress_238594

ここまでは、大量にInputされる情報のうち、自分の興味ある・必要性を感じる情報のみを抽出するために、どんどんスターをつけて情報を選別する「作業」を紹介してきました。

Tieki's Note | Inputフロー1.0 RSSフィード~Google Reader~スターまでの1次情報整理方法

Tieki's Note | Inputフロー1.0 1次情報整理方法 モバイル編

 

本格的なInputはこれからです。これらの情報(素材)を有効に利用するためには、このスターをつけた情報をより高度な2次情報(料理)に変換し、そこから新しい「価値」を生み出すことが必要になります。

 

一時情報を、いかに情報として価値のあるものにするか

整理して体系化しないかぎり、データは情報とならず、データにとどまる。意味をなすには、体系として把握しなければならない。
しかるに、情報はその種類によって、いかなるかたちにおいても意味あるものとなり、いかなる体系化において意味あるものになるかが異なる。しかも同じ情報を、目的によっては、異なる視点から体系化しなければならない。

明日を支配するもの―21世紀のマネジメント革命

情報を体系化するには、まずすべての情報を一つの箱に集めて、全体を眺めながら分類していくことが有効です。

私の場合、1次情報として得た記事やデータ(例えば、Google Readerでスター付きの記事)がありますので、それらの整理にはEvernoteを使っています。

Evernoteはすべての情報をここに集約させるという思想で設計されているツールで、今回のように大量のデータを体系化する際には便利な機能を持っています。

 

Evernoteとは

Evernoteとは、公式HPには以下のように書いてあります。

Evernoteであなたのアイデア、見るモノ、好きなモノを保存して下さい。そして全てをお使いのコンピュータやデバイス上で閲覧して下さい。無料です。

Evernoteはノートの作成、興味のあるウェブページの保存、ボイスメモの録音、PDFファイルの保管、ToDoリストの作成、名刺のスナップ撮影など、もっといろんなことに最適です。

 

また、Evernoteを使った情報整理法はいろいろなところで情報提供がされており、以下などが参考になるかと。

Togetter - まとめ「Evernote のススメ」

シゴタノ! ?    「人生をEvernoteに詰め込みたい!」というあなたのためのアウトプット収集法まとめ

 

Evernoteを便利に使うための技術も、無いより有ったほうがよいので、以下参照。

[N] 「Evernote」で覚えておくと便利なキーボードショートカット

ChromeからEvernote Notebookを検索 : ライフハッカー[日本版]

 

Evernoteで情報を体系化

logojpGrGo5 Evernoteには強力な検索機能が付いています。テキスト内の文字列検索だけではなく、画像内の文字も認識して検索してくれるとのこと。基本的に情報を探すときはこの検索機能に大いに頼ることになります。少なくとも今回のように、Google Readerのスターである程度、重要な情報が濃縮されている場合は、この検索機能さえあればだいたいイメージ通りの情報を探し当てる事ができるようになります。


ただ、これでは一つの大きな箱に情報が大量に集まった状態で、情報が常にそこにある安心感はありますが、情報の偏りや全体の分類などを俯瞰するようなことはできません。
なので、情報にタグをつけて管理しています。

私の場合は以下のようなタグをつけています。


Book,Data,Design,Economy,English,

Lifehack,Music,Science,Thought,Tool,Work

Evernoteでは、このタグにいま情報がどれくらい入っているかが数字として確認できるので、自分でも気付かなかった興味のベクトルを知ることができたりします。また、タグのつけ方は記事の出典元に拘らずに、純粋に内容だけで判断するのがよいと思います。書評系のHPの記事だからといって、常にBookのタグをつけるのではなく、その記事が経済の内容を示唆しているならEconomyにしたり、科学的な議論ができそうだというならScienceのタグをつければよいと思います。もちろん、複数のタグをつけることもできるので、その時の判断で様々なタグをつけていくと、後々、面白い情報の繋がりが見えてくることがあります。

 

このように、情報の体系化とは、あらかじめ決められた木構造の階層に情報を格納していくのではなくて、それぞれの個性をラべリングして、表現してやることで、その情報から派生する有機的な第3次的な情報が見えてくるのだと思います。これが情報を価値化するということだと考えます。



 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

自己紹介
知的生産における効率と非効率のスキマにあるたのしさを発信していきます。 日常を便利にするコツや、役立つ情報、ライフハックを中心に。 Evernote、 Toodledo、 Mendeley、 Google、 などのツールとどう付き合っていくかなど、その時の考え、興味の中心を書いていくブログです。
  • Twitter : @ichi_tas
  • Email : mspktr0@gmail.com
  • 最近の記事
    人気の記事
    Archived articles
    Categories
    タグ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。