スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

EvernoteでPDFファイルを管理するために知っておくべきこと

EvernoteでPDFファイルを保存している、もしくはしようとしている時に、知っておいたら便利なことのまとめです。

EvernoteのPDF周りの仕様には Mac OS X 版と Windows版でちょっと違うところがあるので、その辺も踏まえて説明します。

 

EvernoteにPDFを保存するとき

PDFファイルをEvernoteに保存する際は、基本的にPDFファイルをドラッグアンドドロップ(以下、D&D)で保存ができます。これはOS X版、Win版共に同じです。しかし、複数のファイルを同時選択してEvernoteにD&Dした際の動きがOS X版とWin版とでは大きく異なるので注意が必要です。

 

[Windows版]

一つのノートに選択したすべてのPDFファイルが入る (ファイルの並び順は指定不可?)

[OS X版]

一つのPDF毎に一つのノートが作成される

 

つまり、PDFファイルを一つのノートにまとめて保存したい場合はWin版が便利で、PDF毎にノートを分けたい場合はOS X版が便利、ということです。でも、ノートのマージ機能などがあるので、仕様としてはOS X版の方が融通がきくように思います。

 

EvernoteでPDFファイルを表示するとき

EvenroteでPDFを表示するときに、確認しておきたい設定項目が2つあります。それは、「オプション」メニューの「ノート」タブにあります。

ひとつめは、「PDFを常に添付ファイルとして表示」というチェックボックスです。チェックを入れると、PDFを添付ファイルとしてノート内で表示します。チェックを外すとノート表示内でPDFファイルの中身が閲覧できる状態になります。PDFの中身を確認したい場合はチェックを外しておくと良いと思います。

また、PDFファイルの表示形式を個別に設定したい場合はノート内のPDFを選択し、コンテキストメニューを開いて(Windowsの場合は右クリック)→「添付ファイルとして表示を選択する」を選択することで設定可能です。

 

ふたつめは、「すべてのPDF文章のページを印刷」というチェックボックスです。ここにチェックを入れるとノート内のPDFのすべてのページが印刷されます。チェックを入れていないと、Windowsの場合ですが、PDFファイルの最初のページのみ印刷されます。ただし、PDFが添付ファイルとして表示されている場合は、ここにチェックを入れても添付ファイルとしてしか印刷されないので注意が必要です。

PDFの中身もちゃんと印刷したい場合は、「すべてのPDF文章のページを印刷」にチェックが入っていることと、ファイルが添付ファイルとして表示されていないことを確認する必要があります。

 

OS X版とWindows版で、PDFファイルの表示方法の違い

[Windows版の場合]

表示は基本的にPDFの最初のページのみです。その他のページを見たい時は、PDF表示の上部に自動的に表示される、PDFコントロールバーを使ってページ送りなどをおこなうことができます。一つのノートに複数のPDFファイルが貼り付けられている場合も、同様にそれぞれ最初のページのみが表示されます。Windows版の利点は、PDFコントロールバーをD&Dによって、ノート内のPDFファイルの順番や位置の変更が容易ということです。

  win evernote pdf

 

[Mac OS X版の場合]

PDFファイルのすべてのページが表示されます。ちょうどPDFビューアで表示しているような間隔で、ノートの表示内でPDFの内容を確認することができます。Mac版の利点は、PDFのページをスクロールのみで見ることができるということです。
os x evernote pdf

 

 

EvernoteでPDFファイルをエクスポートするとき

PDFをEvernoteに取り込んでもエクスポート機能を使えば、元のPDFファイルを取り出すことができます。この時の動きは、[windows版, OS X版共通]です。基本的な動きとしては、選択したノートに存在する全てのPDFファイルがエクスポートされるという動作になります。ファイル名は、元のPDFファイル名が保持されます。

同時にエクスポートする中に同じファイル名のPDFが存在する場合は、

[Win]ファイルA [1].pdf, ファイルA [2].pdf。。。

[Mac]ファイルA .1.pdf, ファイルA .2.pdf。。。

のように自動で連番がされて保存されます。

 

まとめ

PDFを保存するとき

[Windows版] 一つのノートに選択したすべてのPDFファイルが入る 

[OS X版] 一つのPDF毎に一つのノートが作成される

PDFを表示するとき

[Windows版] PDFの最初のページのみ表示

[OS X版] PDFファイルのすべてのページが表示

PDFをエクスポートするとき

[Windows版、OS X版共通] 選択したノートに存在する全てのPDFファイルがエクスポートされる

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

自己紹介
知的生産における効率と非効率のスキマにあるたのしさを発信していきます。 日常を便利にするコツや、役立つ情報、ライフハックを中心に。 Evernote、 Toodledo、 Mendeley、 Google、 などのツールとどう付き合っていくかなど、その時の考え、興味の中心を書いていくブログです。
  • Twitter : @ichi_tas
  • Email : mspktr0@gmail.com
  • 最近の記事
    人気の記事
    Archived articles
    Categories
    タグ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。