スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

「巧遅は拙速に如かず」のスケジュール管理方法とその心がけ5箇条

Photoxpress_4777260

きょうは、スケジュール管理方法について。

どのような道具をつかってスケジュール管理しているだろうか。

カレンダー、手帳、メモ帳、携帯、パソコンのスケジュール管理ソフトなどスケジュール管理にはさまざまな手段と方法がある。

ただ、どのような方法でスケジュール管理をしているとしても、「なんのためにスケジュールを管理しているのか」を忘れないということが大切だ。

「なんのために」。それは、いままでの予定を忘れることなく書きとめ(備忘録)、重複することなく管理し(予定管理)、そして未来の予定のために時間を確保する(時間確保)ためである。

以下の5項目は、そのことをつねに心にとどめ、スケジューリングの基本こうもくを改めて確認するために、ぜひとも一度チェックしておきたい5項目である。

 

1.スケジュール管理とは、中断しない時間を確保すること

こまかなスキマ時間を改めて認識し、できるだけ大きくまとめるため

 

2.緊急タスクが発生した現場の、応急措置を準備すること

対応するための時間的余裕をもつため

 

3.八割できたら、他の仕事に着手すること

「未着手」から「少し着手」は仕事のうえではおおきな前進である

 

4.意識的に仕事を寝かせる時間を確保すること

仕事を客観的に評価するためと、新しい発想につなげるため

 

5.所要時間が不確実な案件を先に入れること

所要時間の不確実な案件」は、一般的に時間が長くかかるため

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

自己紹介
知的生産における効率と非効率のスキマにあるたのしさを発信していきます。 日常を便利にするコツや、役立つ情報、ライフハックを中心に。 Evernote、 Toodledo、 Mendeley、 Google、 などのツールとどう付き合っていくかなど、その時の考え、興味の中心を書いていくブログです。
  • Twitter : @ichi_tas
  • Email : mspktr0@gmail.com
  • 最近の記事
    人気の記事
    Archived articles
    Categories
    タグ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。