スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

[読書]電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)

音楽業界とAppleのiTunes & iPod

AppleがiTunesとiPodを使って起こした風は
音楽業界に「プラットフォーム化」という波を生み出した。
それは、音楽を既得権益の種としてきた者が見てみぬふりをしてきたこと。
音楽という既得権益をビジネスとして成立させる前提が崩れてきたということ。

アルバムCD、シングルCDという、パッケージ化された製品形態から、
ネットワークを通じで「形のない」製品を売るという販売形態へ。

なぜそこに独占的な権益が生じていたのか。
それは、参入障壁の壁とコンテンツの囲い込みであろう。

インターネットが発展し、ウェブを通じた製品の購入という
スタイルが一般化してきたことで、
この参入障壁は非常に低くなったといわれる。

一方、コンテンツについては、
従来音楽業界が強固に囲い込みを行っていた。
そのため、それを守りさえすれば、いくらでも
金が生み出せるという構図がそこにはあった。
少なくとも1990年代までは。

2000年代に入った。
ただ音楽業界は全時代の輝かしさを追い求め
復活の日を夢見ながら、10年前からの
「金を生み出していた」方法にしがみついた。

結果、そのからは今まで出てきたはずの金が
出てこなくなっていた。
音楽業界は戸惑う。
井戸の水が枯れたのは、干ばつのせい?
それとも今まで水をくみ上げすぎたせい?

音楽業界は結論付けた。
「それは、どこから水を黙って持って行っている輩がいるからだ」と。
「我々の井戸から奪った水を不特定多数に配っているやつがいる」と。

彼らは「ファイル共有ソフト」と呼ばれる水泥棒を激しく非難する。
世論も表向きは同調しつつも、一方で井戸水を飲み干し続けていた。

ネットワークを経由して、あらゆるファイルをやり取りするために
生まれたそのソフトは、確かに音楽を手に入れるための
もっとも手軽で最も安上がりな方法だった。

その時音楽業界は気づいていたはずだ。
ウェブを次世代の音楽の流通経路にすることが、大きなビジネスチャンスである、ということを。
ただ、できない。
水泥棒恐怖症。

同時に消費者もわかっていた。
水泥棒から分け前をもらうより、「ちゃんとした」場所で
音楽を手に入れる方法があれば、お金を出す覚悟はあることを。

そのタイミングでAppleがiTunesとiPodを使って起こした風は
音楽業界に「プラットフォーム化」という波を生み出した。
それは、音楽を既得権益の種としてきた者が見てみぬふりをしてきたこと。
音楽という既得権益をビジネスとして成立させる前提が崩れてきたということ。

まさに
「進も地獄、戻るも地獄」
である。

 

キンドルというプラットフォーム

このストーリーは、音楽を書籍に置き換えたとき
Amazonが電子書籍販売とキンドルを使って起こそうとしている変化を
そのままトレースしている。

今後、書籍業界はどちらに進むのか。
少なくとも、戻る方向の地獄には未来がないことだけは確かである。

 

電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)
電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)

 

目次

第1章 iPadとキンドルは、何を変えるのか?
*姿勢と距離から見る、コンテンツとデバイスの相性
*キンドルの衝撃
*これ以上ないほど簡単な購入インターフェイス
*物理的制約を離れ、膨大な数の書籍の購入が可能に
*ハードカバーの約3分の1という戦略的低価格
*複数のデバイスで読書が続けられる仕組み
*「青空キンドル」? 日本語の本はまだだが……
*「ヌック」「ソニーリーダー」……百花繚乱のアメリカ・ブックリーダー
*アマゾン・キンドル最大の対抗馬、アップルiPadの登場
*iPadが有利なこれだけの理由
*iPadが不利な三つの点
*決め手は、プラットフォーム
*電子ブックによって本は「アンビエント」化する
*ここまで進んでいる音楽のアンビエント化
*そして、情報のマイクロコンテンツ化へ
*本のアンビエント化の先にあるものは?
第2章 電子ブック・プラットフォーム戦争
*ベストセラー作家が電子ブックの版権をアマゾンに
*電子ブック、ディストリビューターの広がり
*出版社の勝算なき抵抗
*そして、アップルiPad の参入
*マイクロソフトから始まったプラットフォームビジネス
*音楽のネット配信、テクノロジー業者とレーベルとの戦い
*アップルiTunesミュージックストアの登場と勝利
*音楽業界におけるアップルのプラットフォーム戦略を
完全にコピーして挑んだキンドル
*アマゾンのホールセール契約を覆させたアップルのエージェント契約戦略
*アップルは出版社にとって、ホワイトナイトか? トロイの木馬か?
*メディア同士のアテンションエコノミーの戦いの中で
*グーグルブック検索の参入
*グーグル和解問題は、日本の出版業界でも大騒動に
*グーグルは何を狙っているのか?
*出版社連合の電子ブック・プラットフォーム構築の失敗
*わずか二年で失敗した、日本の「電子書籍コンソーシアム」
*著作権二次使用権の問題
*取次中心の業界のしがらみから脱却できず
*そして、書き手の参入へ
第3章 セルフパブリッシングの時代へ
*アマゾンで、だれでも書き手の時代到来!?
*ISBNコードを取得する!
*アマゾンDTPに、アカウントを登録!
*原稿をアップロードする!
*電子書籍は出版文化を崩壊させるのか?
*アマゾンでのセルフパブリッシング、オンデマンド印刷も
*プロモーションはどうするか? マーケティングの新しい潮流
*楽曲のセルフ・ディストリビューションに挑むまつきあゆむさん*目次より抜粋

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

自己紹介
知的生産における効率と非効率のスキマにあるたのしさを発信していきます。 日常を便利にするコツや、役立つ情報、ライフハックを中心に。 Evernote、 Toodledo、 Mendeley、 Google、 などのツールとどう付き合っていくかなど、その時の考え、興味の中心を書いていくブログです。
  • Twitter : @ichi_tas
  • Email : mspktr0@gmail.com
  • 最近の記事
    人気の記事
    Archived articles
    Categories
    タグ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。