スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

ブログを書き始める5つのモチベーション その2

情報を整理するためのブログという話を前回書きましたが、今回は2つ目の「考えを論理的に表現する」ということについて書きたいと思います。

 

●考え とは

考えというのは、Outputの第一段階で、「情報を整理」した結果得られるものだと思います。この考えは思考の滑りを良くする、いわば潤滑油的な役割も果たします。ここで大切なのが、この考えとは一般論的なものに収束させるものではなく、自分の「創造性」を生かしたものであるべき、ということです。島岡要氏の著書「やるべきことが見えてくる研究者の仕事術―プロフェッショナル根性論」には「創造性」としてロバート・K・メルトンの以下の言葉を引用しています。

創造性とは誰も出来ないような斬新な考え方をする、他人とは質的に異なる「ユニークな能力」ではなく、必然的に起ころうとしている発見を誰よりも早くつかみ取る「効率のよさ」のこと

考えを、自分の中からしぼりだそうとする行為は、乾いたぞうきんを絞るかのような感じで、とても辛いものがあります。ただ、このロバート・K・メルトンの言葉を知るまで私は、「この行為こそが創造だ」と思っていました。

質的な特異性を求めるだけではなく、「必然的に起ころうとしている発見」という時間的な特異性を求めること、「効率の良さ」を目指すという「考え」方をしたいと思います。

 

このブログが日々得られるInputを上記のような形で「考え」たことをOutputできる場にしていきたいと思っています。

これが2つ目のモチベーション「考えを論理的に表現する」です。

次回は3つ目のモチベーション「今までにない切り口で物事を見る」について書きます。

 ←今後もこのブログの更新情報をチェックしたい方はぜひRSS登録を!

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

自己紹介
知的生産における効率と非効率のスキマにあるたのしさを発信していきます。 日常を便利にするコツや、役立つ情報、ライフハックを中心に。 Evernote、 Toodledo、 Mendeley、 Google、 などのツールとどう付き合っていくかなど、その時の考え、興味の中心を書いていくブログです。
  • Twitter : @ichi_tas
  • Email : mspktr0@gmail.com
  • 最近の記事
    人気の記事
    Archived articles
    Categories
    タグ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。